農家れすとらん「なごみ庵」


by nagomian1224
 久しぶりに、気持ちのいい晴天となりました。

 山形市の桜の開花は、10日も前だったようですが、長井市では、やっと8分咲きくらいになったでしょうか。今年は、寒い日が多く、なかなかきれいに咲いてくれません。

 近所の中学校の桜は、こんな感じです。
d0150627_21584811.jpg


 野草の寄せ植えの鉢では、イワヤツデの花が咲いています。
d0150627_2233566.jpg


 けやきの林の下には、ハワサビの花も咲いています。
d0150627_2294326.jpg

 春は、いろんな草花が芽を出し、動き始める季節です。心がワクワク・ウキウキするんですよね~。

畑では、アスパラもニョキニョキと芽を出しています。もうすぐ、採れたてアスパラがたべられますよ!
d0150627_22201875.jpg



 それから、先日、いつもお世話になっている「中野和子」さんの桜の着物展にいってきました。
d0150627_2226423.jpg
 

 木の屏風は、江戸時代のもので、直接つくしが描かれていました。めずらしいものですね。
d0150627_22304431.jpg

 5月6日まで、白鷹町の「あゆ~む」で開催される予定のようです。興味のある方は、どうぞいらしてみてください。
 
[PR]
# by nagomian1224 | 2013-04-25 21:46 | なごみ庵便り
 先日、YBCのやまがた発!旅の見聞録の収録がありました。

 案内人のエドはるみさんが、打ち豆体験や、そばはっと作りの体験をして行かれました。

d0150627_16232460.jpg

    三人で記念撮影。エドさんの元気な笑顔を今後も期待します!

 放映は、次のとおりです。良ければ、ご覧ください。

山形放送   3月2日(土) 9:25~ 9:40
テレビ埼玉  3月3日(日)10:30~10:45
千葉テレビ  3月3日(日) 8:45~ 9:00
テレビ神奈川 3月2日(土) 7:15~ 7:30 

[PR]
# by nagomian1224 | 2013-02-20 16:15 | なごみ庵便り

巳年に脱皮

 新年おめでとうございます。
d0150627_16222823.jpg

           <いただいたタペストリー>

 お蔭様でなごみ庵も6年目を迎えました。
 これまで支えていただいた多くの皆様に感謝を申し上げます。

 今年は、巳年。私達なごみ庵も蛇のごとく、一皮脱皮し、ステップアップしようと考えています。 諦めずに進むこと、これが私達の今年の目標です。

 また、白蛇は、幸運をもたらすとか云われます。私達自身が白蛇でいたい…そんな たわいもない年の始めの想いです。

 本年も皆様のおいでをお待ち申し上げます。
[PR]
# by nagomian1224 | 2013-01-07 16:21 | なごみ庵便り
 急に寒くなって、いっきに冬に突入という感じですね。
 自動車のタイヤ交換もまだなので、ちょっとあせっています。

 さて、もちつきのイベントについては、どうしようかと迷っていたところでしたが、皆様からのリクエストも多く、今年は、11月25日(日に開催することになりました。

 価格は、あんこ・納豆・雑煮もちがセットで500円です。
 できるだけ残渣をなくしたいので、予約制とさせていただきます。

d0150627_12432852.jpg

            昨年のもちつき風景です。

 冬野菜等の直売コーナーもありますよ!

 それから、なごみ庵にまた新顔です。
d0150627_12452474.jpg

 とってもかわいいお地蔵様でしょ!?つるあみのお師匠様にいただきました。
[PR]
# by nagomian1224 | 2012-11-17 12:24 | 体験・イベント情報
 あと2ヶ月ほどで、なごみ庵も5周年を迎えます。

 障子の張替えも済ませたのですが、木の看板の方も植木の陰になって見えづらくなっているので、この度新しく交換することにしました。
d0150627_21215128.jpg

 新しい看板は、なじょだべ?(いかがですか?)

 それから、入口には、板木(はんぎ)といって、呼鈴がわりにたたいて人を呼ぶ道具も吊り下げました。ご到着のお客様は、ぜひ思い切りたたいてからお入りください。
d0150627_21222886.jpg



訃報です。

 愛犬のRUN(ラン)が先月逝ってしまいました。
彼の鳴き声が聞けなくなって、ほんと寂しくなりました。5年ほどしか付き合いのない私がこう思うのだから、12年も一緒に過ごした菅野家の皆さんの寂しさは、いかほどかとお察しします。
 ぬいぐるみのように小さな子犬だったRUNが菅野家で過ごした年月、家族の暮らしに癒しの時を与え続けて亡くなりました。きっと、家族みんなに愛されていたのでしょう。
 その証拠に、先月、動物病院の先生に、奇跡は起こらないだろうと宣告されてから、遠く埼玉に居る娘さんが、子どもたちを連れてお見舞いに訪れたり、家族一同が集まりRUNを元気付けている姿が見られました。
 その数日後、RUNは、大好きだったじいちゃんの腕の中で、静かに息を引き取りました。ばあちゃんも言ってますよ。「RUN、いっぱい いっぱい 思い出をありがとう!」

 こんな優しい家族の一員として過ごせて幸せだったね、RUN!
 これからは、天国から見守ってくださいね。
[PR]
# by nagomian1224 | 2012-10-20 21:19 | なごみ庵便り