農家れすとらん「なごみ庵」


by nagomian1224

<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 あと2ヶ月ほどで、なごみ庵も5周年を迎えます。

 障子の張替えも済ませたのですが、木の看板の方も植木の陰になって見えづらくなっているので、この度新しく交換することにしました。
d0150627_21215128.jpg

 新しい看板は、なじょだべ?(いかがですか?)

 それから、入口には、板木(はんぎ)といって、呼鈴がわりにたたいて人を呼ぶ道具も吊り下げました。ご到着のお客様は、ぜひ思い切りたたいてからお入りください。
d0150627_21222886.jpg



訃報です。

 愛犬のRUN(ラン)が先月逝ってしまいました。
彼の鳴き声が聞けなくなって、ほんと寂しくなりました。5年ほどしか付き合いのない私がこう思うのだから、12年も一緒に過ごした菅野家の皆さんの寂しさは、いかほどかとお察しします。
 ぬいぐるみのように小さな子犬だったRUNが菅野家で過ごした年月、家族の暮らしに癒しの時を与え続けて亡くなりました。きっと、家族みんなに愛されていたのでしょう。
 その証拠に、先月、動物病院の先生に、奇跡は起こらないだろうと宣告されてから、遠く埼玉に居る娘さんが、子どもたちを連れてお見舞いに訪れたり、家族一同が集まりRUNを元気付けている姿が見られました。
 その数日後、RUNは、大好きだったじいちゃんの腕の中で、静かに息を引き取りました。ばあちゃんも言ってますよ。「RUN、いっぱい いっぱい 思い出をありがとう!」

 こんな優しい家族の一員として過ごせて幸せだったね、RUN!
 これからは、天国から見守ってくださいね。
[PR]
by nagomian1224 | 2012-10-20 21:19 | なごみ庵便り
 たいへんご無沙汰いたしました。
 8月9月は、何かと諸用がありまして、ブログの更新ができませんでした。ゴメンナサイ。

 さて、先日、宮城県の中学校から、総合学習の調査研究活動として、農家レストランの体験に6名の生徒さんが参加されました。

 事前に調査研究レポートを送付していただき、生徒さんの勉強熱心さを感じ、こちらもいっそう気を引き締めて、取り組まなければという思いで臨んだところです。

 まず、掃除から始めてもらいました。
d0150627_2117447.jpg


 それから、「秘伝豆」の枝豆のさやもぎ体験をしてもらいました。
d0150627_21194911.jpg


 こんどは、米粉ピザの生地を練って、醗酵したら、薄く手で延ばします。
 その後、自家製のピザソースを塗ってトッピング開始です。
 
d0150627_21244283.jpg


 石窯で、3分ほど焼いて出来上がりです。
d0150627_21272040.jpg


 「もう、待ちきれない。」と熱々のピザをほおばり、みんな飛び切りの笑顔になりました。
d0150627_21304879.jpg


 食事の際に、皆でもいだ枝豆を出したら、おいしくて止められないと一皿たいらげた子もいました。

 食事が終わると、質問タイムです。
 事前に調査してきているので、「農家レストランと普通のレストランの違いは何ですか?」等と鋭い質問が次々と浴びせられ、講師もたじたじでした。
d0150627_21405937.jpg


 事前に送られたレポートを拝見し、ぜひ、皆さんにも知っていただきたいことがありましたので、ここで、紹介させていただきます。

 そもそも、農家レストランのもとにあるのは、70年代にヨーロッパで広まった「グリーン・ツーリズム」という概念だ。これは、都会の住民が農山漁村で土地の文化に触れる活動のことで、日本でも90年代以降、地方活性化策の一環として注目を集めている。 
 とにかくよく勉強されていました。びっくりです。


 今回、なごみ庵で様々な体験をとおして、充分楽しんでいただけましたか。
 またいつか、顔を見せていただけたらうれしいな~。
[PR]
by nagomian1224 | 2012-10-02 20:50 | 体験・イベントしました