農家れすとらん「なごみ庵」


by nagomian1224

カテゴリ:菅野ちゑ物語( 3 )

馬そり事件

 平成23年3月11日、東日本を巨大な地震が襲いました。不況とはいえ平和だった日本が、まるで戦争で被災したように、一挙に地獄のような様相に変わってしまいました。

 私たちの住む山形県は、幸いにも燃料不足の影響を除いては、ライフラインもほぼ平常に戻っています。ここでできることは、同じ日本人として節約生活等心がけ、被災者の支援を行うということだと思います。
 ともに頑張りましょう!


 さて、この東日本大震災の経験を経て、もう一度自分たちの生活を見直してみようと考えた方が多いと思われますが、ここで、昭和30年代のちゑさんのお話を、また紹介したいと思います。ガソリンや灯油などの燃料に頼らず、いろりに薪をくべ暖をとったり、家畜の力を動力としたりする生活がどのようなものだったのか、想像してみてください。


 何かと忙しい筆者は、子どもの頃の思い出話もなかなか書けないので、タイトルを少々変更させていただきます。

思い出ポロンポロン第3話

 茅ぶき屋根の玄関を入ると広い土間があり、入口に近い所に馬屋があった。学校から帰ると、ませ棒の上から首を出して迎えてくれた。
 夏には、夕方になるとよく父が馬を沢に連れて行き洗っていた。アブやコシジロがしつこく馬の周りを飛び回るので、馬は長いシッポを左右に振り追い払う。時には後足をいきなり上げたりと、子どもだった自分には、馬が大き過ぎておっかない(怖い)がったけれど付いていったものだ。

 当時馬は家族の一員だった。まだ今のような農器具のない時代だったから馬は役畜として荷車やそりを引いたり田畑のバコかけ(馬耕、土を返す作業)などと大切な働き手であった。
 馬好きの父は、軍馬を鍛えるために使っていたという大きな歯車を蔵王の方で見つけて来て、稲の脱穀作業に使っていた。その歯車に横長の丸太がついていて、目かくしした馬が引いて歩くその力を利用して父母が作業をしていた。
 道行く人が足を止めて物珍し気に眺めていた。
 学校が休みの日は歯車に乗って大きな声で「ホォラホォラ」、馬を休ませないよう手伝いもやった。

 馬との思い出の中で忘れられない話がある。
 それは春休みか日曜日のことだったと思う。町の病院に入院していた祖母に会うために私と妹と弟は、父の引く馬そりに乗って出かけた。
 稲わらを大きく束ねてそりにくくり付けられた座席。それに腰掛けて、普段目にすることのない町の風景にキョロキョロしていた。
 帰り道のことだ。小路から大通りに差しかかる丁度角の所で事件が起きた。それは田舎の馬が始めて耳にした音だったかもしれない。トタン屋根から小さななで(屋根に積もった雪)がこけた。同時に馬が飛び上がり  店先に止めてあった自転車を倒して足に引っかけ引きずりながら暴走したのだ。
 私と妹は途中で振り落とされ、馬そりの後を走って追いかけた。「ドォドォドォ」馬にぶらさがるようにしてやっとのことで止めた父。その顔からは血の気がなくなっていた。弟は稲わらの座席にしがみついていた。
 数分の出来事だったが、余りにもたまげて(びっくりして)しまって、この場面だけが強く刻まれていて祖母と会った時のこと、また帰り道のことなど全く記憶に残っていない。
 今になってみると懐かしい思い出でもある。馬屋の臭いまでもが蘇ってくるような気がする。

 
d0150627_1443836.jpg

                 南部曲り家 
 昔、こんな家の玄関を開けると馬や牛の顔が迎えてくれたものです。
 

 今年は、例年にない大雪で、まだまだ田畑の土は見えてきません。50年前は、これが普通のことだったのかもしれません。
[PR]
by nagomian1224 | 2011-03-23 11:13 | 菅野ちゑ物語

冬道

 今月に入って、新潟では記録的な大雪となり、交通が麻ひ状態となっていましたが、今回のお話は、自動車がほとんど走っていなかったころの冬の道の話です。

思い出ボロボロ第2話

昭和30年代、私が小学生の頃は、今よりもずっと降雪量があった。
 もっとも、除雪のブルドーザーは、町の中心街の除雪はしても、6㎞も離れた山間の集落には来なかったし、現在のようなこまめな除雪はなされていなかったから、村ごと雪の中に埋もれた状態だった。
 そんななかで、集落に住む親達には、冬はたいへんなそして重要な仕事があった。それは、坂道ばかりの人家のない雪道をかんじきで踏みつけ、下の集落まで2㎞ほどの歩ける道をつくることだ。集落と集落をつなぐたいせつな道だ。
 道つけ当番は、子供達が学校に出かける前に、二人一組となって一本の道をつくってくれた。吹雪の日には、二組も三組も当番が出ることもあったど。
 私たちは、下級生を真ん中に、上級生の男子が先頭、女子は後にと一列に並んで、皆足元を見ながらもくもくと歩いた。一歩足を踏み外すとゴム長靴に雪が入ってしまう。よそ見はできない。
 細い一本の雪道は、皆が歩くたびにキチ キチ キチ キチと音がした。マントの下では、ランドセルがカタコト鳴った。
 三月に入ると、ブルドーザーが黒い煙を吐き出しながら登ってくる。細い一本の道は、土混じりの雪の壁となり消えていった。ところどころに土が現れると、春が来たようで心が踊ったものだ。


 私が幼い頃の記憶でも、雪が多いときは、家の一階の屋根くらいの高さまであったのを思い出します。家に入るのに雪の階段を作って降りたこともあったなぁ。


d0150627_15475462.jpg

お話の中に出てきたマントを着たところです。冬はこんな格好で歩いたそうです。
[PR]
by nagomian1224 | 2010-02-17 15:19 | 菅野ちゑ物語

とり餅食べて力持ち

 遅ればせながら
 新年あけましておめでとうございます

d0150627_1359244.jpg


 今年のお正月は、天気は大荒れとなりましたが、皆さんは、どんなお正月をお過ごしだったでしょうか。

 私が、なごみ庵のオーナー菅野ちゑ先輩と一緒に仕事をするようになって、2年が過ぎました。この間には、菅野さんの幼少の頃の話を聞く機会が何度かありました。それは、私と15歳ほどの年の差があるということもあって、未知の世界の話だったり、また、自分も山間地で育ったという共感もありで、いつもわくわくしながら聞いていました。

 こんな面白い話を、皆さんににもぜひ紹介したい、書面に残しておきたい、ということで、今回から菅野ちゑ物語をその都度(不定期)連載したいと思います。

 では、第1回目のお話のはじまりはじまり~。

思い出ボロボロ№1

1月11日は、鏡開きの日である。そして、私の誕生日。
 幼き頃、この日には、お正月に供えた「とり餅」(鏡餅)をいろりで焼いて食べさせられた。稼ぎ始めには、力餅となる「とり餅」を割って食べる習慣があったからだ。今日のように誕生ケーキで祝ってもらう時代でもなく、それを食べて成長した私は、腕力だけが自慢?だ。
 こんな力自慢の私だが、生まれたときは、未熟児だった。両親はもちろん、家族皆がたいへんな苦労をして育ててくれたそうだ。誕生日にあたり、改めて、「小さな命をそだててくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えたい。

 終戦後のベービーブームの頃、私は白鷹町の山間の集落に生まれた。
 当時、両親は、母の実家に里帰りのため、雪の中、南陽市小滝まで歩いた。父親が、かんじきで雪を踏みしめた足あとを、身重の母がひと足ひと足歩いたという。現在の国道348号線の峠道を往復し、風邪を引いた母は、咳がひどくなり、予定日より3ヶ月も早く産気づいてしまったそうだ。まだ産着の準備もしていなかったので、真綿でくるみ、湯たんぽを抱かせて、それはそれは、たいへんな苦労をしたそうだ。

「大根なんだら、おろぬいでなげられたごで。」と、両親はよく言う。大根でなくてよかった。最高の幸せの中にいるのだから。ただ、間抜けで、恥かきが多いのは、10ヶ月間おなかに入っていなかったからだと、自分に都合のいい解釈をしている。


 ちゑさんの力持ち加減には、いつも驚かされます。私も他の女性の方よりは、力はある方だと思うのですが、彼女の場合は、男性にも負けず劣らずといった感じでしょうか。そんな彼女が未熟児だったなんて、信じられませんね。もし、まともに誕生していたら、スーパーウーマンになっていたかも…。
[PR]
by nagomian1224 | 2010-01-11 19:55 | 菅野ちゑ物語